Company

[ホテル清掃] OUT清掃とSTAY清掃 大変なのはどっち?

OUT vs STAY

おはようございます、ばとらー(@butler_1234)です。

ホテル清掃においてOUT清掃とSTAY清掃どちらが大変なんですか?

最近こんな質問を受けました。

ひよこ
ひよこ
いったいどっちなんだろう?

OUT清掃はお客様がチェックアウトした後、次のお客様を迎えるために行う清掃のこと。

STAY清掃とはお客様が滞在中の場合に行われる清掃を指します。

ひよこ
ひよこ
OUT清掃のほうが大変なんじゃない?
ばとらー
ばとらー
やることは多いですからね

そう、一般的にはOUT清掃のほうが、リネン(シーツやタオル)を変えたりお客様がいた痕跡を消さなければいけなかったり、何かと大変だと思われているようですが…

今回はそんなOUT清掃とSTAY清掃の違いを具体的に交えながら解説していきます。

OUT清掃とSTAY清掃どちらが大変?

一般的にはOUT清掃のほうが大変だと思われているようですね。

ひよこ
ひよこ
STAY清掃ってお客様がきれいに使っていればあんまり手を加える必要ないし…

たしかにホテルによっては環境に配慮してSTAY清掃の際、ベッドのシーツを取り替えなかったり、綺麗に使っている場合には清掃する部分が少なくて済みます。
※シーツを取り替えてほしい旨を予め連絡しておけば交換してくれます。

僕が新入社員で毎日客室の清掃に入っていたときもOUT清掃のほうがつらかったです。

「痕跡」を残すことなくというのはとても大変で、自分の家の掃除とはまったく違います。

ばとらー
ばとらー
髪の毛一本も残さずにってのはとても大変

普段家の掃除では事細かく髪の毛が落ちているか見ませんし、少しくらいホコリがあろうと見逃したって問題ではないからです。

ですがそんなある日、清掃の極意を学ぼうとホテルのメイドさんと話したときのこと。

メイドさんは「OUT清掃よりもSTAY清掃のほうが大変だよ。」と一言。

ひよこ
ひよこ
え、なんでー?

当時わけがわかりませんでした。

僕の働くホテルでは当時STAY清掃の際シーツは変えませんし、場合によってはお客様が部屋にいて、「バスルームだけでいいよ。」と範囲を限定してくれたからです。

メイドさんに僕は「なんでSTAY清掃のほうが大変なの?」と聞きました。

するとこう言うわけです。

「OUT清掃はたしかに体力面でつらい。けどね、STAY清掃はOUT清掃に比べて何倍も頭を使う、精神面で大変な清掃なんだよ。」と。

ひよこ
ひよこ
どういうこと?
スポンサードリンク

STAY清掃のほうが大変

いま改めて考えるとたしかにSTAY清掃のほうが大変です。

STAY清掃はお客様が滞在中のお部屋です。

滞在しているのが自分であればいつも通り家での清掃をすれば良いですが、使う人間が他人の場合、気を使うことが多いんです。

EX) どれがゴミなの?

散らかっている部屋で多いのがこれ。

どれがゴミで、どれが必要な物なのかわからない場合。

ひよこ
ひよこ
このレシートはいらないよね
ばとらー
ばとらー
いや、もしかしたら会社に提出しなきゃいけないものかも

おそらくほとんどのホテルではSTAY清掃時、ゴミ箱に入っているもの以外は触らないよう指示されている場合が多いです。

これは万が一必要な物であった場合に、捨てては後でクレームになるからです。

なので取捨選択のスキルが清掃スタッフには必要なんですね。

ひよこ
ひよこ
清掃も頭使うんだねー

昔これで中途半端に残っていたPETボトルに入った水を捨ててしまい、お客様から「あれは富士山の湧き水だったんだ!!、今すぐとって来い!!」とクレームをもらったことがあります。

ひよこ
ひよこ
富士山の水は盲点っ汗

また中途半端に残ったコーヒーも後で何で捨てたんだ!!と言われないようにサランラップでフタをし取って置くホテルもあるようです。
※賛否両論あると思うのでSTAY清掃のやり方は別記事で解説しますね。

EX) お客様の物には触るな!!

上記にもかるーく書いていますが、メイドさんを苦しませている制約の1つですね。

ひよこ
ひよこ
サワッテハイケナイ、サワッテハイケナイ

ホテル側がお客様のものを触ってしまうと「定位置においてあったのに違う場所にある。」とか、何かあった場合「なくなった、盗まれた。」といわれるのが嫌なのでなるべく触るな!!と指示しています。
もし積極的にお客様の物に触るホテルがあれば、そのホテルは本当にすごいと思います、ぜひ見学させて頂きたい!!

ですが、これは清掃する立場の人間としてはつらい…

清掃したとしてもお客様の物に触れない以上、散らかったままの状態は変わりません。

本当の意味で「きれいな」部屋にはならないんです。

まとめ

もちろん人それぞれ好き嫌いはあります。

OUT清掃が好きでSTAY清掃は嫌い。

STAY清掃は楽しくて、OUT清掃はつらい。

どちらにも気をつける点、押さえるべきポイントがあります。

OUT清掃は体力的につらい。

STAY清掃は頭を使う、精神的につらい。

ホテルやゲストハウスを経営している方はこれだけでも知っておいてください。

もし清掃を教えてという人がいたら喜んで飛んでいくので連絡くださいね、笑

ばとらー
ばとらー
待ってまーす、笑

Fin