海外のマナー講座

知らなきゃ赤っ恥!? 海外でしちゃいけない仕草、ジェスチャー、マナーとは?? [オセアニア編]

oceania
ひよこ
ひよこ
オーストラリアではチップ払わなくて良い??
ばとらー
ばとらー
すでに料金に含まれているのでチップはいらないですね

みなさんも海外の人と接する際にこんなことはありませんでしたか?

日本と海外諸国では文化や習慣が違うことがあります。

それを日本人が知らずにやってしまって反感を買ってしまったり、最悪の場合だと犯罪に問われてしまったりします。

ひよこ
ひよこ
怖い

日本と海外で通じるものもあれば日本ではやってしまっても許されたり、日本人が気に留めなかったりすることでも外国ではNGとされることって意外と多いんです。

特にオーストラリアでは海外では当たり前のチップを払う習慣がなく、ニュージーランドではタバコやポイ捨てにとても厳しいのが特徴です。

本ページではそんなオーストラリア、ニュージーランドにおいてやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

オセアニア

oceania 2オーストラリアではホテルやレストランで払うはずのチップがすでに料金に含まれているため、追加で払う必要がありません。

ニュージーランドでは世界一と言っても過言ではないほど「タバコ」「ポイ捨て」に厳しいです。

ひよこ
ひよこ
タバコはアメリカやアフリカでも厳しいわよね
North-america
知らなきゃ赤っ恥!? 海外でしちゃいけない仕草、マナーとは?? [北米編]北アメリカでは日本と異なる文化、しちゃいけない仕草、マナーが存在します。アメリカやカナダでは「タバコ」に関して日本より厳しく取り締まっています。公共での喫煙には注意して旅行しましょう。...
Africa
知らなきゃ赤っ恥!? 海外でしちゃいけない仕草、ジェスチャー、マナーとは?? [アフリカ編]アフリカでは日本と異なる文化、しちゃいけない仕草、マナーが存在します。アフリカでは特にジェスチャー、食事のマナー、たばこに関して仕草や文化の違いが散見されます。日本と大きく違う文化、仕草も存在しますので旅行の際は注意しましょう。...

ニュージーランド

ニュージーランドは喫煙に対してとても厳しい国として有名です。

禁煙環境改定法により、バー、カフェ、レストラン、カジノ、ホテルなどを含む公共の建物内での喫煙は違法とされ、罰金の対象となっています。

ばとらー
ばとらー
喫煙できるのはホテルの喫煙ルームくらいかも

ニュージーランドでは公園などの公共の場所での飲酒も制限されています。

場所によって禁酒されていて、もし見つかった場合は逮捕、または罰金が科せられることになっているので注意が必要です。

またニュージーランドでの食事の場では、席を立って手を伸ばさないと届かない塩やコショーを食事中に使いたくなった場合、近くの人に取って下さいとお願いをしなくてはなりません。

日本では自分で手を伸ばしてとっても失礼にあたりませんが、ニュージーランドでは食事中に席を立って手を伸ばすという行為が好まれません。

「お願いするのは悪いから、自分で取る」という人も少なくないと思いますが、ニュージーランドや欧米諸国では人の前を横切って手を伸ばして取るのはマナー違反です。

逆に「Could you please pass me the salt?(塩をとって下さい)」などとお願いすることが良いマナーとされています。

ひよこ
ひよこ
これはやりがちかもっ

オーストラリア

オーストラリアには、チップの習慣がありません。

そのためレストランでの食事の際は、請求書そのままの金額を支払えば大丈夫です。

ばとらー
ばとらー
ホテルやレストランでも追加で払う必要はありません

ただし、サーチャージと呼ばれるサービス料が別途加算されます。

サーチャージ
一定の額にさらに加えて徴収する金銭。追加料金。割増料のこと

この場合も請求金額に含まれていますので、追加で払う必要は特にないですね。

ばとらー
ばとらー
サーチャージはお店によって違いますが、10%~15%ほどですかね
スポンサードリンク

海外のしちゃいけない仕草、マナーについてもっと知るには

海外ではしちゃいけない仕草、マナーがまだまだ存在します。

もっと知りたい人はそれ日本と逆!?文化の違い習慣のちがい(全6巻セット)がオススメです。

図書館でも借りることが可能なので、一度読んでみることをオススメします。

ひよこ
ひよこ
帰って勉強しよー

Amazonで検索する

RELATED POST