Column

[意外と安い!?]ホテルに「住む」、ホテル住まいのメリット

live in
ひよこ
ひよこ
なんかさー、
もうこのままホテルに住めればいいのにね
ばとらー
ばとらー
何を言ってるんですが?
出来ますよそんなこと
ひよこ
ひよこ
え!?、そうなの?
でもお高いんでしょー笑
ばとらー
ばとらー
そんなことはありません
意外と安いかもしれませんよ

「ホテル住まい」、一度は憧れたことありませんか?

毎日ホテルに泊まれたらどんなに良いことか。

今回はそんな「ホテル住まい」について解説しようと思います。
意外とみなさんが考えているより「お安く」生活できるかもしれませんよ笑

ホテルに「住む」

ホテルに住むことをホテル業界では「live in」と言います。

ホテルに住むのは実際簡単で、直接ホテルに電話して「住みたい」と言えば具体的な話になります。

まぁ設備面や予約の状況によっては、明日からすぐにというわけにはいかないかもしれませんが…

ひよこ
ひよこ
でも、「ホテルに住む」って多額なお金がかかるんでしょ?

たしかに、「ホテルに住む」のは決して安くありません。

ただみなさん、もっと全体を見てください。
都内に部屋を借りるとなれば高額な家賃の他、家具、家電、生活雑貨などいろいろ買わなければなりません。

「ホテル住まい」の場合、家具はもともとついていますし、部屋の清掃はメイドさんがやってくれます。アメニティだって新しいものを補充してもらえば済む話です。

「ホテル住まい」は確かに「高額」ですが、それはアメニティや清掃費も全て含まれている値段なので、細かく計算していくと「ホテル住まい」のほうが安くなる場合もあるんです。

ばとらー
ばとらー
一見「高い」かもしれませんが、生活「全体」を考えると「安い」んです

また@anyplaceというサービスもあります。
@anyplace1ヵ月単位でホテルに住む契約ができるサービス。

@anyplaceを使えば「安く」「確実に」ホテルに住むことができます。

メリット

「ホテル住まい」のメリットはたくさんあります。

このメリットを考えると多額のお金を支払ってでも「ホテル住まい」をする理由がわかると思いますよ。

すべてがそろっている

ホテルには全てがそろっています。

「衣」

服です。
さすがに外に出る洋服は部屋の中に常備されていませんが、パジャマやバスローブは置いてあります。

よってこれらは自分で買わなくても良いです。
汗をかいたり、汚くなれば交換してもらえばいいんですから。

「食」

当たり前ですが、ホテルにはレストランがあります。
もしいちいちレストランに行きたくなければルームサービスを頼めばいいんです。

すぐ温かい「出来立て」の食事を持ってきてくれます。

「住」

みなさんの家です。
ホテルが自分の家ってすごくないですか?
友達に自慢できます。

セキュリティもしっかりしていますし、みなさん宛の郵便だって届きますよ。
もしみなさんが部屋にいなくても、何か荷物が届いていれば、ホテル側が代わりに受け取ってくれますし。

「家事」しない=時間の確保

ホテルに住むということは「ホテルサービス」をずっと受けられるということ。

つまり部屋の清掃やお料理、洗濯などの家事全般はすべてホテルに頼めばいいんです。

ひよこ
ひよこ
洗濯も料理も家事なんてしたくない私にぴったり♡

その分余った時間はみなさんの自由に使って大丈夫。
時間はお金より大切なみなさんの財産です!!

意外と節約!?

上のほうでも書きましたが、「ホテル住まい」は家具付きで、タオルなどは交換してもらえば良い話。

つまり買うものが減ります。

まぁそれだけ多額のお金をホテルに払っているのであれですが、そう考えると「ホテル住まい」も都内で部屋借りるのもあんまり変わりません。

むしろ「ホテル住まい」は時間に余裕ができますからそのほうが良いかもしれません。

ばとらー
ばとらー
時間はお金で買えませんよね笑

また宿泊時の交渉次第では、部屋のミニバー無料だったり、ランドリー(洗濯サービス)無料、朝食無料など何からの特典をくれるかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

このように「ホテル住まい」は普段面倒な家事を任せられますし、時間の余裕を与えてくれます。

多額なお金を払う価値があるものです。

ホテルに家族や友達を呼んで、「今ここに住んでるんだー(ドヤッ)」みたいな自慢もできます笑

僕も将来「ホテル住まい」を目指して日々精進ですっ