海外のマナー講座

知らなきゃ赤っ恥!? 海外でしちゃいけない仕草、ジェスチャー、マナーとは?? [ヨーロッパ編]

Europe
ひよこ
ひよこ
ヨーロッパの人ってピースとかしないの??
ばとらー
ばとらー
日本とは違う意味ですからね

日本と海外諸国では文化や習慣が違うことがあります。

それを日本人が知らずにやってしまって反感を買ってしまったり、最悪の場合だと犯罪に問われてしまったりします。

ひよこ
ひよこ
怖い

日本と海外で通じるものもあれば日本ではやってしまっても許されたり、日本人が気に留めなかったりすることでも外国ではNGとされることって意外と多いんです。

特にヨーロッパではジェスチャーに関して日本とは異なった仕草、マナーが多いです。

本ページでは、そんなヨーロッパにおけるやってはいけないことを国別に紹介していきたいと思います。

ヨーロッパにおける文化の違い、マナーとは

europe 2ヨーロッパではジェスチャーに関して日本と異なった文化、仕草が見受けられます。

ばとらー
ばとらー
日本でOKでもヨーロッパではNGな時が、、

イギリス

イギリスでは、日本で使われるジェスチャーが異なる意味にとらえられることがあります。

ひよこ
ひよこ
ブラジルでもジェスチャーで違う意味があったわね
south-america
知らなきゃ赤っ恥!? 海外でしちゃいけない仕草、ジェスチャー、マナーとは?? [南米編]南アメリカでは日本と異なる文化、しちゃいけない仕草、マナーが存在します。特に「手」に関して、日本でおなじみの仕草がNGである場合が多いようです。旅行する際は注意しましょう。...

それは手のひらを内側に向けた、いわゆる裏ピース。

裏ピースは、日本では若い女子などの間で写真を撮るときに可愛く見えると流行っています。

ひよこ
ひよこ
私もよく使うわよ「裏ピース」

しかし、イギリスでは卑猥な意味や侮辱の意味を示すジェスチャーとして裏ピースが知られています。

イギリスをはじめ、基本的にヨーロッパ諸国では裏ピースがNGとされているので気を付けて下さい。

同じくピースに関して、ギリシャでは裏ピースでなく、普通のピースサインが相手への侮辱に当たるとされています。

写真撮影の王道のポーズであるピースは、ヨーロッパではなかなか使うことができません。

ひよこ
ひよこ
もうヨーロッパで写真取れないじゃない
ばとらー
ばとらー
ピース以外にも決めポーズあるでしょっ

ギリシャ

さらにギリシャでは、手のひらを相手に見せてパーの形にするジェスチャーも、相手の顔に泥を塗るという意味と考えられておりNGとされています。

パーもチョキもギリシャでは良くない意味としてとらえられているため、ギリシャでの写真撮影などでは手でポーズを決める代わりに表情を変えてみたり、全身を使ったポーズで写真を撮ったりすることがオススメ。

ひよこ
ひよこ
ギリシャでジャンケンできないね
ばとらー
ばとらー
そこですかっ
スポンサードリンク

海外のしちゃいけない仕草、マナーについてもっと知るには

海外ではしちゃいけない仕草、マナーがまだまだ存在します。

もっと知りたい人はそれ日本と逆!?文化の違い習慣のちがい(全6巻セット)がオススメです。

図書館でも借りることが可能なので、一度読んでみることをオススメします。

ひよこ
ひよこ
帰って勉強しよー

Amazonで検索する

RELATED POST