Guest

~今話題の「民泊」へ~ Airbnbで一味変わった旅行へ行こう!!

Airbnb TOP

みなさん突然ですが、「Airbnb」って知ってますか?

ひよこ
ひよこ
エイビーンドビーってなに?

数年前から海外では人気でしたが、ここ最近日本にも流行の兆しがみえてきました。

日本ではこれからオリンピックに向けて海外からの旅行者(インバウンド)がさらに増えホテル需要が増加すると思われます。

ですがいまでさえ都市部のホテルは予約が取りにくい。

そんな中今日本でも注目を集めているんです。

そこで今回はAirbnbを使って旅行する方法、至ってはAirbnbを使って旅行者を自分の家に泊まらせてあげる方法を解説します。

Airbnbの基礎知識、登録~宿泊までの流れ

Airbnbの基本

Airbnbとは「空いている部屋や家を貸したい人」、いわゆるホストと「部屋や家を借りたい人」、いわゆるゲストとのマッチングサイトの1つです。

環境問題や所得低下が危ぶまれる中で「所有するものを減らし、人々と共有する」というシェアリングエコノミーと呼ばれる考えが広まっている今、Airbnbは人気のシェアリングエコノミーサービスと言えます。

つまりAirbnbは民泊の仲介を行ってくれるサービスです。

ばとらー
ばとらー
民泊、ホテルと違ってなかなか面白いです

空いている部屋や家を貸し出して収入を得たい人、または泊まりに来たゲストと交流を楽しみたい人などはAirbnbに部屋を掲載します。

部屋に泊まりたい人や、イベントなどで場所を借りたいという人がAirbnb上に掲載された部屋の中から興味のあるものを検索することができる仕組みになっています。

運営会社は「Airbnb, Inc.」、アメリカのサンフランシスコに本社を構えており、日本では2014年5月に「Airbnb Japan」が東京に設立されました。

Airbnbのウェブサイト(3月16日時点)によりますと、世界191カ国・地域の6万5000都市で計300万件以上の物件を掲載しており、通算1億5000万人以上が利用したとされています。
世界190ヶ国で宿泊が可能であること、全世界200万件以上の宿泊先が掲載されていることが大きな特徴として挙げられます。

また、Airbnbでは宿泊先の検索以外にも、ライブやパーティー、カルチャーレッスンなどの体験を検索したり、世界各国のレストランを検索したりすることもできます。

ひよこ
ひよこ
「泊まる」だけじゃないのね

Airbnbに登録しよう

Airbnbを利用するためには、アカウントの作成が必要となります。

アカウントはゲスト、ホスト共通となっていて、登録の際にはメールアドレス、またはFacebookやGoogleなどのアカウントを用意して下さい。

メールアドレス、姓、名、パスワード、生年月日などの必要事項を入力後、登録ボタンをクリックするだけで簡単にアカウントが作成されます。
※ただし、18歳未満の人は登録できないので注意しましょう。

また、Airbnbでは電話番号や免許証を用いたID認証というものがあります。

ID認証はシェアの相手が信頼できるかを判断する要素の1つとなるので、ホストとして利用する場合はもちろんですが、ゲストとして利用する場合でも、相手の信頼を得てお互い心地良くAirbnbを活用するために自分の情報をしっかり登録するとよいでしょう。

ばとらー
ばとらー
ID認証をするしないで信用度が大きく変わります

認証が完了しているアカウントでは、その証としてチェックマークがプロフィール欄に表示されます。

宿を検索、予約しよう

Airbnbのトップページから宿泊先を検索することができます。

希望の宿泊に関する場所、日時、ゲストの人数を指定して詳細検索を行うことができるようになっています。
検索結果は、おすすめ、宿泊先、スポットに分けられて表示されるので宿泊先を選択することで、条件に合った宿泊先のみを写真付きで表示することができます。

そこから更に検索結果を絞り込むこともできるので、より具体的な条件を指定してスムーズに理想の宿泊先を見つけることができます。

例えば、建物ごと貸切ることができたり、自分専用の個室がありながら共用スペースも使えたり、ホストや他のゲストと相部屋になったりと、宿泊先の部屋のタイプによって検索結果を絞り込む方法があります。

他にも宿泊先の価格帯で絞り込む方法や、予約をするにあたってホストの承認を待つか待たないかという条件で絞り込む方法などもあります。

ほとんどのホストが部屋の様子をより詳しく伝えるために、複数枚の写真を掲載しているので、宿泊先を検討する際は掲載写真もよく確認することをおすすめします。

ばとらー
ばとらー
ホスト側はゲストのことを考え部屋のレイアウトがわかる写真を掲載しましょう

実際に予約すると決まったら、予約したい宿泊先の宿泊料金 の下方に載っている日程、ゲスト人数、清掃代、サービス料、合計額などを確認した上で予約ボタンをクリックして下さい。
予約には「今すぐ予約」と「予約リクエスト」の2種類がありますが、「今すぐ予約」の場合、予約申し込み画面に至った段階で予約が完了します。

「予約をリクエスト」の場合は、ホストが予約を承認した時点で予約が成立することになり、通常は予約申請をしてから24時間以内に、ホストから「承認」「却下」「問い合わせ」のいずれかの返答が来ることが多いです。

スポンサードリンク

いざホストの元へ、ホテルと違う楽しみ方

Airbnbの欠かせない魅力の1つがホストとの交流です。

最寄りの観光スポットや美味しいお店などをホストに質問すれば、おすすめを教えてもらえるかもしれません。

ホストと一緒にご飯を食べ行くということもあるでしょうし、ホストが一緒に観光地を回りながら案内してくれることもあるでしょう。

また、ホテルには一般的にキッチンが付いてないことが多いですが、Airbnbの物件にはキッチンと、調理器具や調味料までついた宿泊先が数多く掲載されています。

自炊をしながら旅行を楽しんだり、キッチン付きの部屋を借りて「お料理会」や「女子会」といった泊りがけのイベントとして楽しんだりすることもできます。

Airbnbはホテルとは違い、単なる「宿泊場所」だけとして利用する以外にもイベントの会場や、会社の研修、合宿先として利用することができるのです。

ばとらー
ばとらー
ホテルでのパーティーは禁止されている場合が多く、最悪の場合「出禁」をくらうことも
ひよこ
ひよこ
女子会したーい笑

旅行の前に、ホテルと違う民泊の注意点

ゲストとして宿泊する際は次に挙げるの4つのことを心がけましょう。

まず1つ目は、ハウスルールを守るということです。

Airbnbに掲載されている宿泊先における宿泊ルールは様々です。
必ず最初にホストに確認しておきましょう。

2つ目は、部屋を清潔に保つということです。

Airbnbを利用して宿泊先を予約する際には、滞在前後の部屋の掃除代をあらかじめ支払うことになりますが、掃除代を支払っているからと言って、汚く部屋を荒らして帰るというのは民泊のマナーに反します。

ばとらー
ばとらー
ホテルでは「粗大ゴミを置いて帰るなんでことも、ホストに迷惑がかかるので絶対やめましょう

3つ目は、解決したいことがあればすぐホストに伝えるということです。

宿泊している間に何か困ったことが発生した場合などは、迷わずすぐにホストへ連絡をして下さい。
自分で考えて解決を図ったときに何か二次的な問題が発生してしまっては、ホストも責任が取れません。

そして4つ目は、早朝や夜分の宿泊先への出入りはもちろん、部屋で過ごすときの行動においても、近隣の方への配慮を忘れないということです。

Airbnbに掲載されている宿泊先の中には多くの一般民家もあります。

ゲストが時間帯を考えずに騒がしくしてしまうと、宿泊先の近隣住民などから騒音問題を訴えられるのはホストになりますので充分注意する必要があります。

民泊の注意点

1.ハウスルールを守る
2.部屋を清潔に保つ
3.解決したいことがあればすぐホストに伝える
4.近隣の方への配慮を忘れない

チェックイン~チェックアウトまで

宿泊当日は、ホストと決めた通りの流れで鍵を受け取り、宿泊することになります。

チェックイン、チェックアウトの細かい段取りはゲストとホストで直接話し合って決めることになります。Airbnbではオンラインのチェックインやチェックアウト機能はありません。

宿泊当日を迎える前に、あらかじめホストにメッセージを送って、チェックインとチェックアウトの時間や鍵の受け渡し方法など、わからないところは尋ねておきましょう。

Airbnbにはメッセージ機能があり、ゲストとホストのやり取りの記録を残しておくことができるので事前の打ち合わせに活用するとよいでしょう。

レビューを書いてホストに気持ちを伝えよう

Airbnbのレビューは全て、ゲストがホストのリスティングに宿泊した実体験に基づいています。

レビューを投稿できるのは、チェックアウト後14日間までとなっているので注意しましょう。

レビューは文字数が制限され、500字以内で書かなければなりません。

限られた字数の中でAirbnbの「コンテンツポリシー」に従いつつ、ゲストはホストに伝えたい思いをレビューとして書くことになります。

またAirbnbのレビューは相互書き込みの形式をとっており、ホストもゲストについてレビューを書くことになります。

お互いのレビューは双方が書き終えた時点で閲覧できるようになるので、より正直にレビューを書くことができます。

相手がまだレビューを書き終えていない間や、書き込みから48時間以内であれば何度でもレビューを書き直すことができます。

ホストになってゲストにもてなしを

ホストのおもてなしは、ゲストが宿泊する前から始まります。

ゲストに使ってもらう予定の部屋を綺麗に隅々まで掃除しておくことも、当たり前ではありますがおもてなしの1つです。

ゲストが到着したらまず、ハウスルールの説明を行うことになりますが、ハウスルールにはバスルームやキッチンの使い方、ごみの仕分け方、布団の使い方など多くの内容が含まれるため、あらかじめ各項目についてルールをまとめたプリントを用意しておくとゲストにとって口頭だけの説明よりわかりやすく、宿泊中いつでも確認することができるのでより親切です。

また海外から訪れるゲストには外国語のパンフレットを用意するなど、ゲストのために役立つアイテムを用意しておくと大変喜ばれます。

ばとらー
ばとらー
英語だけでなく中国語など多言語で書いてあげるとGoodです

リスティングを掲載しよう

Airbnbではホストが貸し出す物件を「リスティング」と呼んでいます。

ホストとしてリスティングを掲載する際には、まずはどんなリスティングの形態をとることにするのか考えます。

部屋のタイプや物件のタイプにはいくつか種類があるので、その中からどの形態をとるのか決めた上で部屋の登録へと進むことになります。

Airbnbのトップページで「ホストをはじめる」というボタンをクリック、さらに「宿泊先をホストする」をクリックした先では「エリア」「定員数」「お部屋のタイプ」を指定することで、実際にホストとなったときに稼げる予想金額が表示されるので確認しましょう。

その後の登録ページではリスティングの基本情報やPRしたい情報、値段、ハウスルールなどの詳細を流れに従って入力して下さい。

最後に料金の取得方法を設定します。

Airbnbを利用した場合の宿泊料金は、ゲストがチェックインした後、ホストが設定した方法で入金されるので、ホスト自身が希望する受取方法を設定しましょう。

ゲストを泊めてみよう

Airbnbに掲載したリスティングに関してゲストからメッセージが届くと、登録しているメールアドレスに連絡が入るので、問い合わせなのか予約の申込みなのか確認して対応しましょう。

予約が成立した後もメッセージ機能で連絡を取り合います。

ゲストには鍵の受け渡し方法、宿泊先までのアクセスの詳細、送迎の有無、チェックインやチェックアウトの時間、その他の要望などの情報を連絡しておきましょう。

予約が成立するとAirbnbが一時的に転送用のメールアドレスを発行し、電子メールでやり取りできるようになるので、事前に資料をゲストに添付して送りたいという場合などに活用して下さい。

ばとらー
ばとらー
メッセージはなるべく早く返信しましょう、最悪の場合ペナルティをくらう場合があります

清掃

予約が成立してから宿泊当日に至るまでの間に、ホストは貸し出す部屋などの清掃を行う必要があります。

小さな汚れやゴミの見落としがないよう、ゲストのことを思って綺麗なリスティングの提供ができるようにしましょう。

また、その際にはリスティングに設置された設備の状態を確認しておくことも大事です。

貸し出した後のトラブルを避けるためには適宜、部屋の状態を写真に収めておくことをおすすめします。

清掃についてはゲストのチェックアウト後にも同様に行うことになりますが、ほとんどのゲストが民泊のマナーを守るため、ホストの清掃における負担はそこまで大きくないという声が多く聞かれています。

チェックイン

チェックイン当日にホストは、鍵を渡す、部屋の説明をするなど、必要に応じてゲストをサポートします。

部屋の説明においてはハウスマニュアルを前日までに用意し、ゲストに伝えたいことをできるだけわかりやすく伝えることができるようにすることが大切になります。

ハウスマニュアルに決まったフォーマットなどはありませんが、歓迎の言葉はもちろんのこと、物件の住所や周辺地図、チェックインやチェックアウトの時間の確認、Wi-Fiルーターがある場合にはそのIDとパスワード、宿泊における禁止事項(靴を脱ぐ、禁煙など)、設置されている家電や家具の使用方法、ゴミの出し方などを記載することが望ましいでしょう。

チェックアウト

チェックアウトに際して1番重要となるのは鍵の返し方でしょう。

ホストとゲストが対面してチェックアウトを行うことができれば問題ありませんが、もし対面せずにチェックアウトを行うという場合は、必ず事前に鍵の返し方を確認しておかなければなりません。

また、対面せずにチェックアウトを行うと、ゲストがいつチェックアウトを行ったかわからないので、チェックアウトが済んだらホストに一報入れることを確認しておくとよいと思います。そうすることでその後のホストの清掃などもスムーズに行うことができるようになります。

アフターケア

部屋の清掃などのアフターケアは、ホストにとって負担となる仕事ですが、リスティングの清潔感はゲストが最も重要視する部分でもあるので、細かいところまで目配りすることが大切です。

ゲストがチェックアウトしたら、ホストは部屋の掃除やアメニティの補充を行い、次のゲストを迎える準備をすることになります。

通常はホストが自分でそれらのアフターケアを行うことがほとんどですが、まるまる貸切といった形態で建物ごと貸し出した場合などは、アフターケアを外注でやってもらっているホストも数多くいます。

作業を外注する場合には、チェックリストやマニュアルを作成することで仕事の質を高めてもらうことができるということを覚えておくとよいでしょう。

アフターケアは清掃だけではありません。

忘れてはならないのが、ゲストのチェックアウト後にお礼のメッセージを送ることです。
ゲストが書いてくれたレビューへの返答も行うことができるとよりよいです。

スーパーホストになろう

スーパーホストとは、ゲストに最高の体験を提供する他のホストのお手本となる経験豊富なホストに与えられる称号です。
ホストの中でも、宿泊実績(1年間で10件以上)、メッセージの返答率90%以上、
レビューの80%以上が5つ星などの条件を過去1年でクリアした人を「スーパーホスト」としてプロフィールにバッジを表示しています。

ゲストにとっては宿泊先を選ぶ際の1つの目安となります。

審査日は1月、4月、7月、10月の1日。審査日に認定プログラムの合格基準をクリアすれば、自動的にスーパーホストのバッジが表示されるようになります。

スーパーホストのステータスを維持するには次回審査日にも、引き続き基準をクリアしなければなりませんので、1度スーパーホストになれたからといって気を抜いてはいけません。

ひよこ
ひよこ
「スーパーホスト」かっこいい響き笑
ばとらー
ばとらー
ひよこさん、そういう肩書き好きですもんね

まとめ

Airbnbはホストにとってもゲストにとっても、貴重な経験を提供してくれるウェブサイトです。

民泊というものにまだあまり馴染みのない人が多いとは思いますが、普段の生活ではできないことを体験できるのがゲストであり、ホストは民泊を通してしか出会うことのない人と出会って交流することができます。

お互いが気持ちよくやり取りできるように、ホストもゲストも、使用方法や守りたいマナーなどをきちんと確認した上でAirbnbを利用しましょう。